お困りごとはお気軽にご相談ください。
0120-751-277
(営業時間:9時〜18時)
※注:北海道・九州・沖縄・離島は送料一律800円(税別)になります

贈り物マナー|あいさつ状の豆知識

忌み言葉について
お悔みの手紙やあいさつ状で気をつけたい言葉に「忌み言葉(いみことば)」があります。忌詞、忌み詞、忌言葉ともいいます。
これは、不幸・不吉を連想する言葉のことをいい、ご不幸があった方へは使わないようにしたほうが良い言葉となります。
【主な忌み言葉】
「四(4)」、「九(9)」…「死」「苦」をイメージしてしまうため
「死」「死ぬ」「死亡」…ダイレクトな表現はNGです。
「重ね言葉」…「かえすがえす」「重ね重ね」「くれぐれも」「しばしば」「重々」「たびたび」「たまたま」「次々」「時々」「どんどん」「日々」「ますます」「またまた」「みるみる」「わざわざ」 など。
その他にも…相次ぎ、飽きる、浅い、焦る、褪せる、忙しい、痛い、おしまい、落ちる、衰える、終わる、欠ける、悲しむ、枯れる、崩れる、消す、壊す、冷める、去る、しめやかに、捨てる、葬式、絶える、散る、倒れる、弔う、とんでもない、流す、無くす、亡くなる、涙、冷える、病気、降る、仏、ほどける、滅びる、負ける、短い、病む、破る、敗れる、割る、悪い、失う、返す、帰る、切る、切れる、断る、裂ける、出す、逃げる、放す、離れる、ほころびる、戻る、別れる、繰り返し、繰り返す、再度、再び など。

また、忌み言葉でも言い換えて使うと失礼にはあたらないこともありますので、忌み言葉を避けて使わなければならない場合には「たまたま=偶然」など言い換えた表現を使うことをおすすめいたします。
「終える=お開きにする」「かえすがえす=幾度も、多くの」「帰る=失礼する」「くれぐれも=どうか、十分に」「死ぬ、亡くなる=ご逝去される」「たびたび=いつも、よく」「最後に=結びに」などです。
句読点について
あいさつ状で気をつけたい言葉に「忌み言葉」と先に述べましたが、年賀状や賞状、あいさつ状などには「、」や「。」などの句読点も付けないことが多々あります。
句読点は明治に入るまで使われておらず、学校で子どもが読み書きをする際に文章が読みやすくなるようにと使われ始めたものだそうです。そのため、大人に対する文章に句読点を付けるということは「相手を子ども扱いにしている」と失礼にあたるとされ使われていなかったようです。
また、句読点には「文章を切る」という役割があるため、慶事のあいさつ状では「縁が切れないように」弔事のあいさつ状では「滞りなく済みました」という思いから、句読点を使わないともいわれています。
挨拶状は必ず付けますか?
香典返しを贈る(四十九日の忌明け後)際には、あいさつ状を添えられることが一般的です。
昔は、香典返しを喪主が直接先様へ出向き挨拶を返していましたが、現代では遠方の方含め、配送を利用したりすることで直接出向く機会が少なくなってきたことで、口頭で述べる挨拶の変わりに「無事に法要が済みました」の思いと報告を兼ねてあいさつ状(お礼状)を添えることが通例となりました。

当店でも各種ご挨拶状をご用意させていただいておりますので、お気軽にお申し付けください。
挨拶状の書き方について
香典返しの挨拶状の場合には、遺族を代表して感謝を伝える手紙となりますので「喪主の名前」を記します。
喪主以外の遺族が香典や年賀状などいただいた場合の返事には喪主の名前ではなく、個人の名前で返事をされることが多いようです。

また、文末に「差し出した日」を書くことが基本ですが、忌明けより日が経ってから香典をいただいた場合の香典返しの場合にはあえて日付を省くケースや「○年○月」とされる方も多いようです。
このページのトップへ